女性化乳房、手術で男性の体に戻りました!

昔からのコンプレックス

中学生の頃から、胸にしこりのようなものがある事に気づきました。
触ってはいけないと思いつつ、つい気になって触ってしまいます。
それが影響してなのか、乳首のあたりが膨らむようになったのです。
周りを見ても、自分のように乳首が膨らんでいる友達はおらず、「女みたい」と人からからかわれる事もありました。
この体を何とかしたいと思い、筋トレに励んだ事もあります。
でも胸の膨らみは一向に解消される事はなく、自分の中では大きなコンプレックスとなっていきました。
この体について恥ずかしいのはもちろんのこと、だんだん「もしかしたら自分は何か悪い病気ではないだろうか?」とも考えるようになりました。
さらに大学生になった頃、テレビか何かの情報で、男性でも乳がんの可能性があるという事を知りました。
この情報を知った時、「これは自分にも当てはまるのではないか?」という強い恐怖感が現れました。
そこで思い切って地元にある大学病院を受診し、乳腺外科で診察を受ける事にしました。
乳腺外科となるとやはり女性の患者さんが圧倒的で、待合室で待っている時は少し恥ずかしかったです。
ようやく自分の名前が呼ばれ、エコーを使って検査してもらった結果、先生からは「乳がんではないので安心して下さいね。
これは女性化乳房です。
」と言われました。

しこりができた真性女性化乳房の手術をした

社会人になってから営業部に配属されたため仕事柄アルコールを飲む機会が増えて、どんどん太っていきました。
30代になった頃には、かなり太ってしまいポッコリお腹だけでなく、脂肪で胸も女性のように大きくなってきました。
勤めていた会社では、社員旅行で良く温泉に行っていて、同僚と一緒に大浴場に入る時に、大きな胸を見られるのが恥ずかしくて、
いつも胸にバスタオルを巻いて入浴してました。
健康診断で太り過ぎを医師に指摘されて、ダイエットに挑戦して目標の10キロを減らしましたが、ポッコリお腹は引っ込んだけど、
胸だけは全く小さくなりませんでした。
ダイエットをしても小さくならなかったので、翌年の健康診断で医師に胸が小さくならない悩みを相談したら、
肥満による偽性女性化乳房は、痩せても小さくなりにくいから、美容整形外科クリニックの脂肪吸引などで小さくするしかないと教えてくれました。
胸が大きくて恥ずかしいぐらいで痛みとかの実害は出ていなかったので、
流石に美容整形外科クリニックで脂肪吸引をやるほどでもないなと思って美容整形外科クリニックに行きませんでした。

40代になるとすごく疲れやすくなって、営業の仕事でお酒を飲むのがかなりしんどくなってきました。
結婚診断で医師からも肝機能がかなり弱ってきていると指摘されましたが、営業の仕事柄すすめられたお酒を断る事が出来なくて、
無理してお酒を飲み続けました。
肝機能が弱って行くにつれて、風邪を引いても治りにくく成ったり、ぐっすり熟睡しても翌朝まで疲れが残るようになってきました。
そんなある日、胸にチクチクする痛みを感じたので、何かなと触ってみると胸に張りのようなしこりを感じました。
疲れていて筋肉痛になって硬くなったんだろうとその時は時に気にしませんでした。
週末のゴルフコンペの時にゴルフウエアを来て、いつものようにドライバーでフルスイングすると、
乳首が擦れた時に胸の奥に激しい痛みを感じて、その場でうずくまってしましました。
胸を触るとかなり大きなしこりがあって、それがフルスイングした時に擦れて痛かった事に気付き、

その日のゴルフコンペでは、フルスイングせずに何とかやり過ごしました。
胸のしこりは乳がんじゃないか不安になったので、翌日会社を休んで大きな病院に行って様々な検査を受けてきました。
数日後に診断結果を病院に聞きに行くと乳がんではなく、乳腺が大きく発達した真正女性化乳房と説明されました。
ゴルフのフルスイングの時に痛みを感じたのは、発達した乳腺がゴルフウエアで擦れた事が原因で男性用のブラジャーを付けるか、
発達した乳腺の切除手術を受けるしか対処できないと説明されました。
自宅で考えてから手術するかどうするか決めますと言って帰宅しました。
ネットで真性女性化乳房の手術について調べると、乳腺だけを切除すると手術痕が凸凹になって不自然になるので、
見た目を気にする人は美容整形外科クリニックで処置してもらった方がいいと書かれてました。
真性女性化乳房の経験豊富で、口コミの評価も高い美容整形外科クリニックを探して、予約して行ってみました。

カウンセリングの時に、保険適応の乳腺切除だけの表面が凸凹になっている症例画像を見せながら、詳しい施術方法を丁寧に説明してくれました。
入院無しで日帰り手術も可能でだと説明されて、受ける事を決断しました。
当日に行くと今日行う施術内容を説明され、麻酔を掛けて寝ているうちに乳腺の切除と脂肪吸引の施術が終わりました。
麻酔が切れると、すでに胸のハリが無くなっていて今まで大きかった胸がまっ平になってました。
痛み止めを処方されて帰宅して、抜糸などで何回か通院で消毒をしたり経過をみて、何の問題もなかったので通院も終わりました。
慣れるまでは胸が小さくなった事に違和感を感じましたが、今は女性化乳房の手術をして本当に良かったと思ってます。

昔からのコンプレックス | 乳がんではなかったけど… | 男性らしい胸へ